コラム 健康

「デブ化を加速させる習慣」

「幸せダイエット計画」の完遂から早Xヶ月。今はメンテナンス期に突入しており、中二日のペースでジム通いを継続している。ジム通い自体はかなり長いが、減量には何度も失敗してきた。僕は事あるごとに「人体実験が趣味」と公言しており、これまで様々なダイエット方法を試している。

 

「〜だけダイエット」はかなり微妙

例えば、「〜だけダイエット」のような一点集中型。僕は主に「食事制限だけ」「筋トレだけ」「有酸素運動だけ」を試したが、どれも今ひとつ。「食事制限だけ」をすると、一時的に体重は減るが、筋肉量も減る。なので、見た目は貧相になる。綺麗なフォルムにはならない。そして、食うとすぐに体重は戻り、代謝は低下しているので脂肪もつきやすい。

 

「筋トレだけ」は筋肉はつくが、脂肪は減らない。ビックリするほど減らない。減量を主目的にするなら、「筋トレだけ」では間違いなく不十分。食事制限とセットが基本。「有酸素運動だけ」はやや効果あるが、そう感じるには筋肉量があることが前提。「ノー筋トレ」で「有酸素運動だけ」をやっても、十分な効果はない。

 

「食事制限」が最も大事

結局、分かったのは「全体のバランスが大事」ということ。「食事制限」「筋トレ」「有酸素運動」をバランス良くやること。その中でも「食事制限」が一番手っ取り早い。いくら筋トレや有酸素運動を頑張っても、PFCバランスを考慮せずにドカ食いすれば確実にデブる。これは間違いない。きちんと栄養バランスと摂取カロリーを計算すべきだろう。

 

あと、酒や脂っこい食べ物を控えること。特に酒。酒は飲み過ぎと爆食を誘発するのでカロリーの上限を軽く突破しやすい。脂肪分解よりもアルコール分解が優先されるのも難点。酒を飲んでも痩せることは可能だが、時期は長引くということは分かった。短期間で減量したいのなら、酒は控えるべきだろう。

 

「逆」をすれば、デブ化は加速する

そう考えると、デブ街道を爆進するには食事制限をやめることが最も手っ取り早い。そして、筋トレも有酸素運動もやめると代謝が低下し、余分な脂肪が一気に身体にまとわりつく。

 

結局、どれを無視してもデブ化を防ぐことは難しい。勿論、「超ガリややガリ」「ややガリ小デブ」「小デブ超デブ」の各場合において増量スピードは異なるので、単純比較はできない。ただ、デブ化を加速させたい場合には上記3つの全てを放棄すれば容易に叶えられることだけは確かだ。

 

 

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-コラム, 健康

Copyright© Kabusky BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.