個人投資家。株式投資 etc.

Kabusky BLOG

株式投資 考え方

「他者依存から脱すること」が株のトレードスキルを上達させる上で重要な要素だと思う

スポンサーリンク



僕がツイッターで株アカウントを開設してから、数多くの投資家を見てきた。デイトレが得意で、リアルタイムで投資妙味のある銘柄を探し出し、それに乗っかって着実に利益をあげている人がいたり、頻繁には売買せずに専ら企業分析に終始し、長期的な視点で企業の成長性に着目している人などもいた。他にも、市況の分析を具体的かつコンパクトに解説したり、「投資とは~」との書き出しで自身の投資論を語ったりする人も多くいた。

 

僕は特定のアカウントを全面的に支持することはない。総論では賛成でも各論では反対の場合もある。実際、ツイッターでは個々の発言内容に注目し、それを踏まえて自身の見解を話すことの方が多い。また、複数の参考にしているアカウントの発言に注目する場合も、できるだけ批判的な思考を持って見ている。それは、投資においては「絶対的に正しい見解はなく、相場環境によって正解は形を変える」と思っているからだ。もちろん、上手い投資家の見解の精度は高い。ただ、それはあくまで確率論の話であって、これまでずっと的中し続けた人などいない。

 

初心者であれば、最初は自分より経験豊富な人たちの意見を参考にしたいと思うだろう。それは合理的な判断で、僕も基本的には賛成の立場。ただし、大事なのはその人の発言を鵜呑みにし、表面的な部分だけを猿真似しないように注意することだろう。目の前の利益が得られるのであれば何でも良い、と思っている場合はともかく、真面目に相場に取り組んで自身の実力をアップさせたいのであれば、発信内容を参考にする場合に心掛けたいことがある。

 

それは、「この人はなぜ、そのような結論に至ったのだろう。また、その思考プロセスはどんなものなのだろう。」という気持ちで批判的に捉えるということだ。騰がるといわれる銘柄を盲目的にキャッチするのではなく、そのような銘柄をどうやって見つけ、そしてどのように売買すれば利益を得られるのかを詳細に分析してみることである。これは非常に地味で面倒くさい作業であり、できればショートカットして騰がる銘柄だけをゲーム感覚で売買したい衝動に駆られる。この気持ち自体は理解できるが、これをずっとやってしまうと投資で必要な深い思考力と分析力が育たない。

 

投資歴が長いのに株に関する基本的な知識が曖昧で、完全な雰囲気投資をしている人がずっと勝ち続けている事例を今まで見たことがない。一部の天才的なトレーダーは数多くの場数を踏んだ経験から、最終的には雰囲気投資に似たトレードをしている面も見られるが、それを経験値が圧倒的に不足している人が真似をしたら大けがをするだろう。やはり、凡人には凡人なりに理屈の面も大切にしたいところである。

 

以上のことを踏まえると、投資においてはどこまでも自分の頭で考えるというプロセスが重要であり、これを放棄しては自己成長することなどあり得ないと思っている。表面的には似たような投資スタイルであっても、細部を見ると異なる点は多い。それは、投資スタイルはその人の生活サイクルや性格的な部分も大きく関係しており、その部分を無視しては自分に合った投資スタイルなど確立できないからであろう。自分にとって適切な投資スタイルを確立するには、「自己との対話」が不可欠であり、これはストレスフルな作業だが、これを避けては自分に合った方法論は見つからないように思う。その点でも、他者依存は御法度であり、僕自身もそれに陥らないように常日頃から気を付けている。

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資が専門。本来は、テクニカル分析を軸に、短期スイングをメイン手法にしている。しかし、現在は中長期投資にシフト中。

-株式投資, 考え方

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.