コラム

「理想体型」

ツイッターのTL上では定期的にマッチョの画像が流れる。それは僕がフィットネス系のアカウントをチェックしているからで、大抵はゴリゴリのマッチョ画像が流れてくる。彼らの努力は素直に「凄い」と感心するが、僕が参考にする体型とはだいぶ異なる。

 

僕は見た目のイカつさよりも、シルエットを重視する。ガリガリは論外だが、細身が良い。細身だが、無駄な贅肉のない適度な筋肉質で、動きやすい身体が理想である。その理由は、そうした方が身軽で、なおかつ似合う服が増えるからだ。

 

非合法な出来事が日常を取り巻く日々を送っているのなら、戦闘向きの体型にするだろうが、現時点ではその心配はなさそう。仮に朝目が覚めて紛争地域の最前線にいたら、必死こいて肉体を極限まで鍛え上げ、射撃訓練もガムシャラに取り組むだろうが、そんな悪夢的な奇跡は起こりそうもないので、しばし現状のスタンスを貫くつもりだ。

 

そもそも、肉体美に関する何かしらの大会に出場したりしない限り、そこまでストイックに追い込むことは僕には出来ない。実際、腹が出ないように食生活に気をつけ、体型維持に努めるようにジム通いを継続させるぐらいのことしかしていない。僕のことを「ストイックな生活を送る変態」と思っている人が一部いるかもしれないが、定期的にジャンクな食べ物は食うし、「ジムに行きたくねぇ」と嘆く日々だし、常にダークサイドに堕ちそうな気持ちと格闘している。大食いで酒飲みのヘビースモーカーだった過去があるので、その楽しさは知っているつもりだ。

 

辛うじて暴飲暴食しないのは、同年代の多くが中年太りしているからだろう。他人の腹が出ても許せるが、自分が出るのは抵抗がある。実際、脂肪まみれの肉体になると色々と支障が出る。まずは健康リスク。身体の動きは鈍くなり、疲労も蓄積しやすい。日常では起床時はツラい。膝も痛くなる。歩く速度も遅くなる。スキップなど拷問。次に見た目。実年齢以上に老けて見える。貫禄を無駄に出す為に太るという選択肢もあるが、それを選ぶのは他の人に任せる。

 

とまぁ、色々と述べたが、どの体型を理想とするかは結局は本人の意思なので、他人に強制するつもりはない。ただ、読者の中で「無駄な脂肪を落としてスリムな体型になりたいなぁ」と思っている人がいたら、早急に具体的なメニューを決めて実行に移した方が良い。奴(=脂肪)は想像以上に厄介な代物だからだ。

 

▶減量は食事制限が全体の8割以上を占める。自炊が面倒な場合は高タンパク・低カロリーの食事メニューを提供するnoshは結構オススメ。僕も利用している。特に高タンパクで低脂質なメニューもある点が良い。

 

 

 

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-コラム

Copyright© Kabusky BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.