投資日記

【ノートレ継続】千の風になる前に【買いポジ縮小】

スポンサーリンク



純粋な買い方にとっては涙目の展開ですね。本当に悲しい状況になると顔面蒼白。涙も出ない状態となるものです。

 

今の暴力的な下落相場によって、多くの人の心が折れているのではないでしょうか。一応、私は過去の暴落も経験しているので、多少の涙を流しつつも、現時点で出来るリスク管理を粛々と行っている感じです。

 

前回記事「中長期のポジを縮小し、現金比率を高める運動に従事【傷の拡大防止】」の通り、今は新規のエントリーは停止。現金比率を高める活動に専念しています。

 

三桜戦は現時点では完敗。「季節外れの花見の会場」は無期延期のようです。株に充てる資金のうち、三桜の割合は30%のままです。しばし様子見をしつつ、完全な底打ちが確認されたら買い増しを再開したいと思います。

 

今後の戦略としては、しばらく状況の推移を眺めつつ、エントリーするタイミングを見極める予定。総悲観まではもう少し。S安の銘柄が乱立する状態になったら、売りが枯渇し、本格反転の兆しが見えてきます。

 

その際は、中長期目線の人にとってはボーナスステージになりますね。そのタイミングで現金を突っ込めるように今は嵐が過ぎ去るのを待つだけです。

 

今の相場環境を認識する上で参考になるツイートを以下に掲載しておきます。とにかく、生き残りましょう!

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資。テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード。 原稿執筆ライター。元塾講師(5年)。慶應SFC中退→立教卒。

-投資日記

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.