チャート分析 投資日記

【悲観ムード】三桜(6584)の値動きはどうなるか?【私見】

2019年12月4日

スポンサーリンク



最近はちょくちょくヤフーの掲示板を覗いているのですが、やはり昔と変わらず極端な煽りが多く嫌な空間ですね。三桜についても同様で、雑な煽りが目立ち、当該人物の過去の書き込みを参照すると同じような文言で煽っている光景が見られます。

私は5年ぐらい前にはヤフー板に常駐し、風説の流布に近い書き込みを通報するという活動を行っていました。自警団的な役割ですね。なので、ヤフー板の性質についてはある程度は熟知しています。

前書きはさておき、初心者の方は掲示板の内容に一喜一憂しない事をオススメします。特に感情的な議論は有害。仮に参考にするにしても、客観的なデータを信用するようにしましょう。では、チャートの確認に入ります。

直近10日の値動き

三桜(6584)の15分足チャート

増し担解除後の値動きにイライラしている方は多いかもしれませんが、私はこういう時こそ冷静にチャートを眺めるべきだと思っています。

上記のチャートを眺めると、ある特徴が読み取れます。それは、1,296円を最下限に、下値は1300円台前半で株価が推移していることです。これは以前の記事『【11月29日】週末メモとヤフーの掲示板を覗いた話【三桜戦】』でも触れた通り、下値目安として意識されていると推察しています。

今現在、雲下限辺りを推移しています。頭上に重たい漬物石がありますが、もうしばらくすると雲が薄くなることが分かりますね。私が以下のツイートにて反転の兆しが見えていると言及したのは、そういった事情もあります。


勿論、需給も考慮要素に入れないといけないので、断定的な事は言えませんが、私自身はそういったシナリオを念頭に置いて今の状況を見ています。

今後、再点火する為には「材料」に代表される燃料投下など、何か新たなキッカケが欲しいところです。株価にプラスインパクトを与える材料であれば、今の価格帯であれば新規参入者の買い意欲を刺激し、出来高は一気に急増するでしょう。

目先の値動きについては以上ですが、私はそれよりも週足チャートの方を重視しています。確認してみましょう。

週足チャート

三桜(6584)の週足チャート(過去1年)

これを見ると、トレンドは全く崩れていないことが分かります。私は現在は短期調整の局面で、2,050円をマークした際の超絶長い上ヒゲを消化している期間であるという認識です。

次のレンジに移行するまでは、一定期間の揉み合いが必要です。ここで短期イナゴの損切りを誘発し、現価格帯での純粋なホルダーを増やす方が相場は長続きしやすいと考えています。

現在、日足チャートを見ると方向性がハッキリしない展開なので、それだけで「終わった」と判断する投資家は一定数存在するでしょう。私は近視眼的な考えだと思っていますが、そういった人間が去っていくのは好ましい状況です。

今後の展開は蓋を開けて見ないと分からないですが、自分の仮説が正しいかどうかじっくりと観察していきたいと思います。仮に爆死するとしたら一緒。一蓮托生の精神で来るべき日を迎えましょう。

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資。テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード。 原稿執筆ライター。元塾講師(5年)。慶應SFC中退→立教卒。

-チャート分析, 投資日記

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.