株式投資

【注意喚起】胡散臭い自称・億トレのブロガーについて

2021年4月28日

スポンサーリンク



 

 

最近、某銘柄の件で株クラからオモチャにされているとあるアカウントがあります。まぁ、ここでは明示しませんが、僕のツイッターのTLを注意深く眺めると誰を指すのかすぐに分かるかと思います。

 

ここで名指しで非難すると法的にシバかれる恐れがありますからね。リスク管理の一環です。ご了承下さい。

 

コロナ相場以降に増えた胡散臭い投資アカ

まず、最近胡散臭い投資アカが増えたと思いませんか?最近と言っても、ここ1年ぐらいです。急にFIREだのインデックス投資バンザイだの、声高に叫ぶアカウントが増えたように思います。

 

主義主張を大声で叫ぶのは個人の自由なので勝手にしてくれというのが率直な感想ですが、単なる零細ブロガーなのに億トレのフリをしている(だろうと強く疑われる)悪質なアカウントがあるのも事実です。

 

冒頭のアカウントについては「〇億円」を運用していると言いつつ、某銘柄についての見解がかなり底浅く、逆に『その程度の解像度でどうやって〇億円まで増やしたの?』という疑問がすぐに浮かび上がってきました。

本当に億トレ?

まぁ、実家が極太ですでに「〇億円」に近い形から運用を開始したという可能性は無きにしも非ずですが、本人の経歴を見るとその可能性は極めて低いと直感的に思いました。

 

そもそも、「〇億円」を運用しているのが事実なら、アフィリエイトや有料noteで小銭稼ぎに精を出すより、インデックス投資に資金をぶっ込んで気絶投資法に従事した方が賢い選択ですからね。

 

僕が彼に対して決定的な疑念を抱いたのはとあるブログ記事が原因です。当該記事は探せばすぐに見つかります。

 

一言で言って、完全に現実離れした妄想記事でしたね。いやぁ、ヤバイ。久々に💩みたいな記事を読まされました。これを読んで『億トレはほぼ嘘だな』と思いました。

 

無知は発言に表れる

例えば、英語で5文型についての基本的な理解が曖昧な人間が難解な構造を持つ英文を「読みこなせる」と豪語しても、『こいつ、盛ってるな』と思うでしょう。

 

5文型は一例ですが、英文を正しく読むには構造的な理解が前提になりますからね。文法というルールを理解しないと文章を正しく読みこなすことはほぼ不可能です。

 

これと同様のことが、投資でも起こります。上級者のフリをしても、5文型レベルの知識が明らかに欠如していたら、『流石にこれで上級者ぶるのは無理があるだろう』と感じるはずです。

 

もっと正確に言うと、5文型レベルの知識が欠如していたら、「それと同程度の知識も恐らく虫食い的に欠如しているだろう」という推定が強く働くといった感じです。

 

目に入る情報を妄信してはいけない

冒頭の人物については断言はしませんが、ホラ吹き太郎の可能性が高いと強く思っています。わざわざブログ記事にしたのは、彼のツイッターのフォロワー数が多いからです。

 

フォロワー数が多く、またプロフィール文に「〇億円運用」と明記してあったら、初心者の方は『おお、これはもしかして凄腕の投資家さんかな?』と思うはずです。なので、本記事は注意喚起の意味を込めて書いています。

 

まぁ、僕がフォローしている凄腕の個人投資家の方はほぼフォローしていないので、フォロワー数についても購入疑惑を抱いていますけどね。

 

今は複数のアカウントを同一人物が運用して虚飾のブランディングをしたり、フォロワー数や「いいね」の数を購入して水増しすることが簡単にできます。

 

特にコロナ相場以降はそういった疑念を持つアカウントが急増したように感じます。決して見かけの情報に騙されないようにして下さい。

 

 

スポンサーリンク



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.