コラム 株式投資

【質問】短期スイング銘柄のスクリーニング方法は?

スポンサーリンク



 

 

まず、結論から言うと「厳格な基準は特になし」です。以上、解散!としてしまうと元も子もないので、簡単に僕のスタンスを提示しますね。

 

僕の投資スタイルを一言で言うと、「モメンタム×成長株投資のハイブリット」です。短期スイングの基本は成長株×チャートだというのはnote『【改訂版】短期スイング概論~銘柄選定から売買ポイントに至るまで体系的に解説~』で述べましたが、これにモメンタムを追加するとより大きなリターンが期待できます。

 

モメンタムは「勢い」ですが、勢いがないといくらチャートが綺麗でも短期で値幅を狙うスイング投資では期待する結果は得られないと思います。まぁ、勢いがあると言っても上げ・下げ両方に振れる可能性があるので、リスクにも注意する必要がありますが…

 

ちなみに、ファンダメンタルズ分析の観点からスクリーニングしたい場合は『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』という本を参考にして下さい。この本を参考に自分で基準を定立するのが近道だと思います。

 

▶ファンダメンタルズ分析を体系的に学びたいという真面目な方には『株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版』がお薦めです。レイアウトが簡素で地味な本ですが、癖がなく読み易いと思います。ただ、完全な初心者だと分かりにくい箇所もあるので、その点には要注意です。

 

まぁ、自分で銘柄を選定する能力を身に付けるのが最強なのですが、そんなに待てないという方には『会社四季報プロ500 2021年 春号』という本がお薦めです。四季報の中から期待値の高い銘柄が厳選されており、業績×チャート×注目ポイントなどがコンパクトに書かれてあります。

 

これらの情報を得たら、必ず一次情報に当たることをお勧めします。これをショートカットすると、後々困ります。やはり、事前のリサーチが不十分だと心理的に不安定になりやすいですからね。大抵、ホールドしている間に気持ちが不安定になるのは、リサーチ不足が主な原因です。これを解消するには「調べる」という習慣が大事だと思います。

 

まぁ、ザックリ言うと以上が短期スイング銘柄のスクリーニング方法の概要です。これが唯一絶対の方法だ!というのはありません。あったら皆億万長者ですから。ただ、やはり業績が伸びておりチャートが上昇トレンドで、注目度が高く勢いのある銘柄は短期スイングには適していると思います。実際、僕はこのシンプルなフレーズをいつも意識していますから。

 

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-コラム, 株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.