投資日記

【銘柄】三桜、サン電子、アンジェス【簡易コメント】

2019年11月18日

・三桜工業(6584)

⇨直近高値2,050円までの値動きに注目。現在、値幅は400円。価格帯別出来高を見ても、上値は軽い。短期目線でも投資妙味あり。
このラインを明確に上抜けると、青天井モードに突入。思惑の強さからも、その可能性は高いと思われる。ただし、予断は禁物。
※詳しくは『【現状把握】三桜工業(6584)【今後の展望】』を参照。

・サン電子(6736)

⇨直近安値1,447円が下値目安。このラインを明確に割り込むと具合が悪い。ちなみに、業績面での期待は特にしていない。全てはチャート。
15日の日中足を見ると、下値は拾われていた。恐らく、直近安値は意識されている。このラインを明確に割り込むと手出しは無用。ちなみに、価格帯別出来高では現価格帯より少し下のラインの出来高が多い。ここがサポートラインとして機能するかに要注目。

・アンジェス(4563)

⇨基本的に放置。ここは材料待ち。現在は緩やかなチャート形状であり、懸念材料は特になし。価格帯別出来高では、現価格帯付近での出来高が多い。
緩やかなチャート形成であるのは、買い支えが行われていることが要因と推測。それだけ、期待値は大きいと思われる。今後も継続監視の予定。

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資。テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード。 原稿執筆ライター。元塾講師(5年)。慶應SFC中退→立教卒。

-投資日記

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.