コラム 投資日記

カラダノート(4014)は面白い展開になってきた。さて、どうなる?

スポンサーリンク



 

100万円口座の運用記録は前回の記事で終了しましたが、カラダノートは引き続き注目しています。僕のポジションの現状と大まかな意見は以下の通り。

 

 

直近はマザーズ指数に連動したような値動きですね。新興のグロース株全体が軟調な雰囲気なので、継続的な資金流入が期待できない状況だと思います。米国株市場を見ていると明日(5日)も地合いは微妙な感じです。

 

本日(4日)はカラダノートも逆風の中、終値ベースで1,600円台になるかな?と思っていたのですが、想定よりも強い印象でした。やはり、決算を12日に控え、好決算への期待が高まっているので空売り機関の買い戻しが行われているのではないかと感じています。

 

また、直近IRが出るタイミングを見ると、会社側も株価を意識しているように思います。株価を意識している企業とそうではない企業とではIRが出るタイミングに大きな違いがありますからね。まぁ、あくまで経験則ですが、あながち間違いではないでしょう。

 

日足チャートでは底値から反転し、本格的に綺麗な上昇トレンドを描くと思っていた人にとってはなかなかストレスの溜まる展開だと思います。株価が上昇したと思ったら鉄槌を下されていますからね。ただ、日足チャートでは上昇トレンドは維持しており、現在の一時的な下げは押し目だと個人的には思っています。

 

2,000円ラインまではやや強い抵抗帯があるのですが、地合いが悪化した際の意外な強さと好決算への期待、直近の空売り機関の買い戻しの状況を見ていると、1,800円台を明確に上抜ける展開が訪れたら面白い展開になってくるのではないかと思います。

 

週足チャートを見ても、まだ底値圏の範疇ですからね。ここは中長期的に追っていきたい銘柄です。一応気をつけておきたい点は、決算前に大きく上昇した場合は適宜利食いをした方が良さそうということぐらいでしょうか。好決算だろうというのはある程度予想されているので、決算内容を好感して更に上値を試すにはサプライズ的な内容でないと少々厳しいと思います。

 

まぁ、ぞれぞれの時間軸や資金量、エントリーした位置によって事情は異なるので、自分のポジションをよく考えて決算前後の振舞いを考えていきたいところです。

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-コラム, 投資日記

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.