コラム

ツイッター界隈の情報商材詐欺について思うこと

スポンサーリンク



 

 

ここ数年、ツイッター上で情報商材詐欺と強く疑われる事例をたびたび目撃している。

 

経歴詐称をしていた人物がお金の稼ぎ方を指南する情報商材を販売したり、YouTuberとして大成していない段階から「○○教科書」と称する高額な情報商材を販売したりと、何かと騒がしい。

 

「新卒フリーランス」って?

古くは会社員を「社畜」扱いし、そのアンチテーゼとして自由な生き方を推奨し、甘言を弄しながら自身の情報商材を積極的に販売する光景が見られた。それに感化された若者が何も成し遂げていない段階から「新卒フリーランス」なる意味不明な言葉を使う様子も見られた。

 

僕は「新卒フリーランス」という言葉には一種の甘えを感じていた。勿論、実際に自活できるレベルで稼いでいるのなら、それを名乗る資格はあると思う。ただ、まだ一銭も稼いでいない段階から「新卒フリーランス」はぶっちゃけかなり微妙だ。

 

まず、「新卒フリーランス」という言葉には覚悟が足りない。「新卒無職」で良いだろう。世間が是とする生き方を否定して自由を求めるのなら、肩書など必要ない。食えるまでは胸を張って「無職」を名乗った方が潔い。「新卒フリーランス」という言葉を使う時点でどこか権威的なものに頼りたい心理が見え隠れする。「無職」に恥ずかしさを感じているのかもしれない。

 

まぁ、でも若者が「世間一般とは異なる生き方」に憧れる心理は理解できる。新鮮な響きのする肩書に憧れる心理も理解できる。なので、彼らを一様に責めたりはできない。若気の至りの範疇だと思う。

 

若者や初心者を食い物にする小賢しい奴ら

ただ、そういった彼らに対して甘い言葉で語りかけ、食い物にしようとする輩には強い憤りを覚える。少し前はブロガーに多かった。その後、YouTuberに取って代わられる。他ではエンジニア界隈や投資家界隈にも似た現象が起きている。結局、彼らは「ブログで稼ぐ方法」「YouTubeで稼ぐ方法」など「稼ぎ方」にフォーカスした商材を販売して利益を得ている。商材販売が本業と見られる人間も多かった。

 

僕は情報商材の販売自体については特に否定的ではない。中には真摯に有益な情報を提供してくれる人もいるからだ。僕も何人かの有料noteを実際に購入している。僕が一番問題視しているのは、経歴詐称などをして高額な情報商材を販売しているケースだ。

 

投資界隈を例にすると、例えば「億トレ」を自称しながら「〇億円を稼ぐ方法」を指南する有料noteを販売したとする。仮に「億トレ」が真っ赤なウソだとしたら詐欺罪に問われるのではないかと思っている。そうした事例はいくつか目撃した。ただ、残念なことに『詐欺だ!』と主張して実際に行動に移す人は多くない。

 

結局はうやむやになり、詐欺師と強く疑われる人間が何食わぬ顔で新たな獲物探しをしている。ツイッター界隈の古参なら、その歴史的な背景について知っているが、新参の人は騙されるかもしれない。こうした被害者の再生産を食い止める必要がある。

 

情報商材詐欺に関係なく、胡散臭いと思う人間を僕がツイッターで非難するのは注意喚起の意味合いが強い。本当はユーモアセンスの塊のようなツイートを量産したいが、今は我慢している。ツイッター界隈の胡散臭い輩に対してまだまだ甘い状況が続いているように感じているからだ。

 

お願い

もしも、僕のブログ記事を読んだ人の中で「情報商材詐欺かもしれないな」と思う事例に遭遇した方がいたら、どうか泣き寝入りしないで欲しいです。下記に電話orウェブで無料相談できる法律事務所のリンクを貼っておきます。

 

あと、相談する前にネタ提供したい方がいたら僕のツイッターのDMの方にメッセージを下さい。個人情報がバレないように加工してブログ記事にした上でツイッターで拡散したいと思います。

 

電話orウェブ(ともに無料)で情報商材詐欺被害について相談したい方はこちら

 

 

スポンサーリンク



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-コラム

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.