Opinion 投資日記

トレード方針の一部変更について【反省点・改善点】

スポンサーリンク



新型コロナウイルスの感染拡大に端を発する一連の株価暴落によって、多くの個人投資家が痛手を負ったことでしょう。私もその内の一人です。

 

相場環境の詳細な変遷についての分析は他に譲るとして、今回は自分自身のトレード方針について、反省点と改善点を含めて後学の為に記します。

 

まず、現時点の私の資産状況について語ったツイートを以下に掲載します。

上記は短期スイング分の保有株を売却した確定益も含まれているので、本命銘柄の三桜工業(6584)単体で見ると完全な敗北となります。端的に言うと、ケツ毛を毛根から抜き去られたという訳です。

 

ただ、敗因は自分では認識しており、一言で言うと「取るべきリスクではないリスクを取ったこと」。これに尽きると思います。

 

具体的に列挙すると、以下の通り。

  • チャートよりも材料を重視したこと
  • 機関の空売り状況と信用買い残高の関係性を軽視したこと
  • ポジション調整の必要性を認識していたが、中長期目線を理由に決行しなかったこと
  • 個別株の動向に注視し、相場全体の流れについて十分なリサーチを行わなかったこと

他にもありますが、ひとまず上記の項目がメインの敗因だと認識しています。

 

これは完全な後出しジャンケンですが、上記の行動は私がメイン手法に据えている短期スイングでは気を付けていることです。

 

短期スイングでは「日足・週足チャートともに上昇トレンドで、増収増益の成長株を順張りでトレードすること」を重視しています。これは私が過去の経験則から、リスク管理とメンタルコントロールのバランスを考えて、短期スイングが自分にとって最適な手法だと思い、採用しました。

 

実際は、短期スイングの一般的な考え方を自分なりにアレンジし、それを実践の場で活用できるように多少は改変しています。

 

※短期スイングに対する私の基本的な考え方について知りたい方は過去記事「【完全版】短期スイング概論【銘柄選定からエントリーポイント、そしてエグジットやロスカット基準に至るまで、一連の流れを体系的に解説】」をご覧下さい。

 

今後のトレード方針について

まず、中長期視点で取り組んでいる三桜工業(6584)については、高値掴み分をすべて損切りした結果、現時点で総資金に対する割合は全体の1.5割程度となっています。

 

今後は週足・月足チャートでトレンド転換したタイミングで買いを少しずつ入れつつ、値幅が取れそうならデイトレ、もしくは短期スイングでの参戦も検討しています。

 

ただ、完全なリセッションに突入し、相場全体の流動性が低下すると需給が最優先される短期トレードでは命取りになります。

 

そうした状況も勘案して、特定の銘柄に固執することなく、株式投資から一時撤退する選択肢も用意して柔軟に対応したいと思います。

 

仮に株式投資から一時的に身を引いても、相場全体の様子は今後も監視していきます。チャンスがあれば、いつでも復帰。

 

想定のシナリオとは異なる展開になった場合には、「相場のことは相場に聞け」の精神で流れに身を任せる柔軟性を大事にしたいと思います。

 

今回の失敗で再認識したこと

短期スイングではチャートの形状を最優先するのですが、皮肉ながらも今回もその有効性を再認識しました。

 

チャートは投資家心理を表すので、需給以外に相場の「強・弱」を判定する素材として大事な指標です。

 

これは中長期目線であっても同様で、チャートは売買の判定基準として参考にすべきことを改めて感じました。

 

当面、相場環境は不安定な局面が続くことが予想されるので、参考にする指標の優先順位は以下の通り。

  • ①相場全体の地合い
  • ②個別株のチャート(需給も含む)
  • ③個別株のファンダメンタル

以上を念頭に置きつつ、引き続き株式投資に従事したいと思います。

 

支払った勉強代はそれなりに大きいのですが、その分、自分の修正すべき点も明らかになったので、その点は良かったと感じます。

 

また、投資スキルを高める上で再勉強すべき分野も認識できたので、その辺りは学習した結果をアウトプットする場としてブログを利用しようと思っています。今回は以上です。

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資。テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード。 原稿執筆ライター。元塾講師(5年)。慶應SFC中退→立教卒。

-Opinion, 投資日記

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.