株式投資

マザーズ指数の大幅調整に要警戒

2020年11月18日

スポンサーリンク



 

まず、早速マザーズ指数のチャートを確認しましょう。

 

日足チャート

マザーズ指数の日足チャート

 

目先、75日線を割り込むかどうかが一つのポイントになるでしょう。ここを割り込むと一気に下げが加速し、個人の追証発生件数も急増することが予想されます。

 

直近のマザーズの上げはモメンタムが主な要因で、『上がるから買い』という雰囲気が背後にありました。

 

こういった需給先行の相場は逆回転した時の反動が怖い。

 

現在、マザーズ主力のBASE(4477)のチャートが崩れたことで、マザーズ全体の雰囲気は悪化しています。

 

BASE(4477)の日足チャート

 

雰囲気投資の欠点は個人投資家の心理状態が悪化した際にそれがチャートの形状に如実に表れることでしょう。

 

▶短期トレードをする方にはTradingViewの導入をおすすめします。

興味のある方は以下の関連記事をご覧ください。

TradingView(トレーディングビュー)を利用するメリットについて説明

  まず、TradingViewとは高機能のチャートプラットフォームのことです。   結論から言うと、チャートを利用して効率的なトレードを行いたい方にはマストアイテム。 &nbsp ...

続きを見る

 

マザーズには超高PERの銘柄が多いです。ファンダメンタルズでは投資対象にはならないが、時価総額が低くテーマ性を帯びた銘柄には資金が集まりやすい。

 

実際、コロナ禍ではテレワーク・巣ごもり需要からSaaS系やサブスクリプション関連の銘柄に資金が流入し、マザーズ指数は大きく伸びました。

 

ただ、現在は再生エネルギーやバリュー株への資金流入が顕著になっており、マザーズ市場からの資金抜けが懸念されます。海外勢の利益確定売りも一つの不安材料でしょう。

 

マザーズ市場は以前は個人投資家主導で相場が形成されていましたが、2016年7月に先物が導入されてから外国人投資家の存在感が大きくなりました。

 

なので、海外勢の利益確定売りは軽視できません。仮に本格的な資金抜けが観測されれば個人投資家は大きな痛手を負うことが予想されます。

 

やはり、ファンダメンタルズ分析よりもテーマ性や値動きを重視する個人投資家が多いと推測されるので、反落すると下落に拍車が掛かりやすいのです。

 

いずれにせよ、警戒感を持って臨むことで損することはありません。何よりも資金管理を最優先させるべき局面であるでしょう。

 

株初心者の方にはSBIネオモバイル証券がおすすめ

おすすめポイント

  • 少額資金で始められる
  • 株を1株単位で購入できる
  • 投資経験を積みたい方に最適

口座開設数は累計30万を突破。

また、ネオモバを利用して株を始める初心者の方は50%を超えています。

 

▶関連記事を読みたい方はこちら

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)を利用するメリットについて紹介

  目次ネオモバのメリットをより具体的に説明ネオモバを利用するデメリットは?まとめ   まず、ネオモバの特徴を以下に列挙します。   Tポイントを利用して株を購入できる ...

続きを見る

 

 

今回は以上です。

 

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.