コラム 株式投資

マザーズ銘柄は信用買い残比率に要注意



 

以下の内容のツイートをしました。

 

 

最近、出回っていた画像。
信用買い残比率の高い銘柄には要注意。こういう銘柄は期待値以上の好決算が発表されても売り込まれることがある。特に株価が低迷している場合は警戒すべき。含み損ホルダーが多く、株価が上昇してもすぐに失速する可能性がある。

 

これまで綺麗な上昇トレンドを描いていた銘柄であっても、ある時を境にチャートが崩れ、そのまま値動きが弱くなっている銘柄には要注意です。

 

特に、株価が下落の最中に信用買い残が増えていく銘柄には警戒すべきでしょう。

 

こういった銘柄は話題株の場合が多く、その話題性から個人投資家の人気が高いことが特徴的です。

 

チャートに弱さが目立つようになったら要注意

株価が上昇している時はともかく、値動きが鈍くなり、株価が下落基調になった時に楽観的になるのは禁物です。

 

高値から反落し、上値が重くなると、再度上昇するには大きなエネルギーが必要になるからです。

 

その際、含み損を抱えたホルダーが多いと強い売り圧力となり、上昇スピードが鈍化してしまう恐れがあります。

 

なので、チャートに弱さが目立つようになったら、「それまでとは様相が異なって来たな」と思う方が賢明です。

 

信用買い残比率の高い銘柄に取り組む際はリスクを覚悟しよう

冒頭のツイートの中で、買い残比率の高い銘柄は高値を付けた後に下落トレンドに転換しているものが多いです。

 

チャートは投資家心理を表すので、下落トレンドに転換した=新たな買い手の不在と考える方が合理的です。

 

チャートの形状を無視して、「前より安くなってラッキー」と値ごろ感だけで買い向かうのはリスキーです。

 

仮に買い向かうとしても、損失リスクはそれなりに高いということを頭の片隅に置いておきましょう。

 

株式トレードを自動で記録・分析アプリ【カビュウ】をインストールしたい方はこちら

関連記事はこちら。

株トレードの改善点を把握する方法

続きを見る

 

▶短期スイングをする方にはTradingViewの導入をオススメします。自分好みのテクニカル指標を組み合わせて、売買の判断基準にすることができます。関連記事はこちら。

TradingView(トレーディングビュー)を利用するメリットについて説明

続きを見る

 

▶短期スイング論についての僕の基本的な考え方を知りたい方は有料記事『【改訂版】短期スイング概論~銘柄選定から売買ポイントに至るまで体系的に解説~』をご覧ください。

無料部分だけでも考え方の一端は垣間見えると思います。

 

▶株式投資の勉強法を一から知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

株式投資の勉強法の効率的な手順について解説【完全初心者向け】

続きを見る

 

▶株式投資の資金作りをしたい方はこちらの記事をご覧ください。

株式投資の資金作りをする為のオススメの方法を紹介【副業・バイト等】

続きを見る

 

▶投資経験を積みたいが、少額資金でリスクを負うのが怖いと思っている方はこちらの記事をご覧ください。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)を利用するメリットについて紹介

続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人 / このブログでは株式投資の初心者の方を想定読者に、分かりやすく役に立つ情報を提供する予定です。 メインは株式投資についてですが、気まぐれに様々なジャンルの記事もアップするつもりです。

-コラム, 株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.