チャート分析 株式投資

三桜工業(6584)のチャート【雑感】

スポンサーリンク



 

今回は三桜工業。この銘柄を監視リストに入れてから約1年が経つ。

 

短期、中長期ともに取り組んだが、結果的には短期スイングでの成績の方が良かった。色々と反省材料を提供してくれた銘柄である。

 

一度、大きな相場を築いた後に大幅続落し、長らく瀕死チャートの状態であった。現在も完全にトレンド転換したとは言い難いが、底値の予想がある程度容易になったので、取り組みやすくなったように思う。

 

無駄な前置きはさて置き、まずは日足チャートを確認してみよう。

 

日足チャート

三桜工業(6584)の日足チャート

目先のターゲットは2020年8月13日の687円であろう。ただし、この付近の価格帯は出来高が多いので要注意。

 

前回もこの付近で失速し、小型の「マッターホルン・チャート」を形成している。

 

11月10日に2021年3月期中間決算で今期経常の黒字転換を発表。「全固体電池」の関連銘柄というテーマ性も相まって直近では断続的な買いが入っていた。それに関連するニュースを下に掲載しておく。

 

「全固体電池」が8位、バイデン新政権でEV向け次世代電池に再脚光<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10
1 再生可能エネルギー
2 電気自動車関連
3 デジタルトランスフォーメーション
4 2020年のIPO
5 5G
6 太陽光発電関連
7 水素
8 全固体電池
9 半導体
10 サイバーセキュリティ

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全固体電池」が8位となっている。

米大統領選は民主党のバイデン候補が勝利する形となったが、同氏は温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」への復帰を図るほか、クリーンエネルギー関連に4年間で2兆ドルという過去最大規模のインフラ投資を行う計画を打ち出すなど、「脱炭素社会」に積極的に取り組む姿勢を示している。

脱炭素社会で最も規制の対象となりやすいのがガソリン車であり、電気自動車(EV)の普及が加速していくとの思惑が高まっている。そして、その動力源として基幹部品の中枢を担う2次電池の市場拡大に期待が大きい。EV向け2次電池では現在のところリチウムイオン電池が主流だが、リチウムイオン電池は航続距離の問題や中にある電解液が燃えやすいという欠点がある。そこで、ポスト・リチウムイオン電池を担う次世代電池の開発が世界で活発に進められている。次世代電池の市場規模はグローバルベースで2035年に2兆5000億~2兆8000億円に巨大化するとの試算もある。

そうしたなか、次世代電池の候補として最右翼に位置しているのが全固体電池だ。全固体電池はひとことで言えば現行のリチウムイオン電池の電解液の部分を固体材料に変えたもの。これによりすべての部材が固体で構成されることになり、一番大きな課題であった発火リスクを解消できる。また、積層化が容易なためコンパクト化しやすく、電気貯蔵能力も高く、EV航続距離の大幅な延長や電池の長寿命化をもたらす。

株式市場でも折に触れて、この関連銘柄を物色する動きが繰り返されてきたが、バイデン氏が大統領選に勝利し、日本でも菅首相が50年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を明示したこともあって再びマーケットの視線が向かう可能性が高まっている。全固体電池では自動車業界の盟主トヨタ自動車<7203.T>が積極的な取り組みをみせているほか、電機メーカーではパナソニック<6752.T>が研究開発で先駆している。村田製作所<6981.T>やTDK<6762.T>も量産技術の確立に注力、三櫻工業<6584.T>も全固体電池製造の米スタートアップに出資するなどで今後の展開が注目されている。

このほか、株価面で人気素地の高い銘柄としてはFDK<6955.T>や古河電池<6937.T>、マクセルホールディングス<6810.T>、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>などの電池メーカーや、ニッポン高度紙工業<3891.T>、カーリットホールディングス<4275.T>、オハラ<5218.T>、ニッカトー<5367.T>といった素材関連もマークされる。

出所:MINKABU PRESS

※下線部は筆者

 

端的に言うと、『テーマ株の一つとして断続的に物色されそうだね』ということだろう。

 

業績とテーマ性が掛け合わされるとチャート上でもトレンドが継続しやすい。やはり、ポジティブな要素は複数あった方が良い。三桜の完全復活を期待したいところである。

 

では、次に週足チャートを確認してみよう。

 

週足チャート

三桜工業(6584)の週足チャート

ご覧の通り、頭上に厚い雲があるのが分かるだろう。別名「重たい漬物石」と僕は呼んでいるが、この厚い雲を突破するにはそれなりに大きな相場エネルギーが必要となる。

 

前回の小型の「マッターホルン・チャート」を形成した際も、この課題を突破することができなかった。今後、出来高の安定的な増加を期待したい。

 

当面の戦略としては、安易な上値追いは避け、急落した際は積極的に拾う形で良いように思う。

 

2019年10月28日に2,050円をマークした際も、業績とテーマ性の掛け算で強力な上昇トレンドを描き、大相場を築いた。

 

一過性ではないテーマ株の場合、再燃性が高いので安くなった局面で買い、あとは冬眠モードに突入するのがセオリーである。

 

これを一般的には「気絶投資法」と呼ぶが、三桜の場合も基本的にはその戦略で問題ないように思う。

 

今回は以上。

 

 

関連記事:『【改訂版】短期スイング概論~銘柄選定から売買ポイントに至るまで体系的に解説~

 

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人。専門は株式投資。テーマに沿って、数人のライターがそれぞれの記事を担当する予定。

-チャート分析, 株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.