Opinion 株式投資

下落相場で急遽販売される投資系有料noteを買う必要はない【例外あり】

スポンサーリンク




※情報商材に騙された方はこちらに相談してみましょう。

投資系有料noteを購入する際の注意点について

最近、株クラの「逆指標」が有料noteを販売したらしいのですが、それに関連したツイートを以下にしました。

 

 

投資系界隈で有料noteが発売されて久しいですね。有料noteの販売自体は個人の自由というのが私の基本的なスタンスですが、仮に購入を検討している場合は細心の注意を払う必要があります。

 

私は株クラの人間なので、株式投資に限定して話をしますが、有料noteを購入したからといって勝率が上がる保証はありません。

 

実際の相場は頭で考える以上に捉えどころがなく、理論がしっかりしていても、それだけで勝てるという程甘くはありません。

 

ただ、理論を真摯に追究し、それを実践の場で適用して結果を出す人はいます。その境地に至るには不断の努力が必要であり、一般投資家にはなかなか達成困難な状況だと思います。

 

そうした場合、レベルの高い考察をする有料noteを頼りたくなるのだと思います。私の経験上、買うとしたら「投資手法」や「企業の分析方法」に的を絞った有料noteを購入されることをオススメします。

 

そして、出来ればプロが執筆していること。仮にプロでなくても、個人投資家で鋭い考察や、根拠に基づいた意見を述べている人の執筆する有料noteには購入する価値はあるかと思います。

 

ちなみに、投資系有料noteの販売が「投資助言業」に該当するかについては、以前に法律の専門家の方のツイートをまとめた記事を「投資系有料noteの販売は法的にアウトなのか?【専門家の意見を紹介】」にて書きました。

 

仮に投資系noteに限らず、ブロガー系で「稼ぎ方」にフォーカスした怪しい有料noteで騙されたと思った方は、然るべき対応を取ることをオススメします。以下は、情報商材詐欺などを専門としている法律事務所です。

 

実際に依頼せずとも、初回は相談無料なので、法律家の見解を聞くだけでもその後の判断に活かせることと思います。泣き寝入りはしない方が良いですよ。

 


スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資。テクニカル分析をメインに、短期スイングでトレード。 原稿執筆ライター。元塾講師(5年)。慶應SFC中退→立教卒。

-Opinion, 株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.