Opinion 株式投資

僕が少額資金で信用取引をするならどう戦略を立てるか?

スポンサーリンク



 

 

まず、タイトルで言う少額資金とは「50万円〜100万円」を想定している。信用取引は30万円あれば利用可能だが、追証の発生リスクを考えると最低でも50万円は欲しい。出来れば100万円が理想だが、ある程度の腕があれば50万円でも良い。腕があることが条件だが、比較的短期間で50万円を200万円程度まで増やすことは体感的に可能だと個人的には思う。

 

資金のある方が有利なのは追証の発生リスクを抑えられるだけではない。単純に取引対象となる銘柄数が増える点も有利になる。選択肢が広がるので、胡散臭くてリスキーな銘柄を選択肢から予め排除することができる。なので、基本的には資金は多ければ多いほど良いと言える。

 

次に、信用取引の利点は回転売買を利用して繰り返し値幅を取ることができる点にある。株価が高くなればなるほど値幅は大きくなる。値幅が大きい方がリスクは高まるが、その分得られるリターンも大きい。信用取引にはリスクは付き物。そのリスクを過剰に恐れてはリターンは期待できない。信用取引をする時点でその覚悟はしておきたい。

 

狙う銘柄については誤解を恐れずに言えば何でも良い。企業分析は後回し。それよりも売買代金が大きく、値上がり率ランキング上位で注目度の高い銘柄を優先する。こういった銘柄は取引の流動性が高いので値幅が期待できる。少額資金で信用取引を利用するなら、出来ればデイトレに徹する。マーケットでの滞在時間を短くすることで損失リスクを抑えるのが狙いだ。

 

やはり、ポジションを取るとその瞬間から不安は発生する。特にエントリーした位置が微妙なら必然的にその不安度は高まる。ポジションの大きさ・エントリーの位置と不安度の相関性は高いと個人的には思う。なので、損切りすることも念頭に置いてエントリーを試みる。その際、損切りラインも予め設定しておく。

 

目の前の流れに身を任せた戦法だと不意の潮目の変化に狼狽し、感情的な判断を下しやすくなる。トレードにおいては感情的な要素はなるべく排除したい。理性的な判断を下せる状況を自ら作り出す為にも、損切りラインは守りたいところである。また、実際にトレードする際はチャートを重視する。具体的には分足。僕は5分足チャートを中心に見るが、15分足チャートも参考にする。

 

そして、「トレンドは一定期間続く」というチャートの性質を利用して、上昇トレンドに乗ったタイミングでエントリーし、株価が高い位置から更に高い位置でエグジットする。また、初心者に空売りは基本的にはお勧めしない。単純に難易度が高いからだ。なので、順張りが基本。あとは、歩み値を見たり、板読みが出来るようにトレードの武器は揃える。

 

最後に、初心者の場合はトレードの経験値が低いので決して無理な取引はしないことをお勧めする。最初はトレードの経験値を高める意味合いで、少し保守的なトレードで十分だろう。回転売買で値幅を取る戦法が上手く機能するのは、前提として豊富なトレード経験が背後にある。特にデイトレはゲーム的要素が強いので、場数を踏むことが大事。経験を通して勝負勘を磨くことが勝率を上げる秘訣であるように思う。

 

あとは、投入する資金量には常に留意したい。僕も信用取引を利用する際は委託金保証維持率は50%以上はキープするようにしている。追証になったことは一度もないが、それはそうならないように常に配慮した戦法で臨んでいるからだ。ここは意識的にならないとトレード経験が豊富でも退場リスクが発生する。実際、相場から退場する人は中級者以上でもよく見かける。

 

特に勝ちが連続した場合は強気になりやすい。経験則上、こうした場合はギャンブル的な勝負にも出やすい心理状況に陥るので、僕は定期的に減資するようにしている。例えば、100万円が手元にあるなら200万円になったら50万円は出金するといった感じだ。こうすることで、適度にクールダウンすることができる。

 

以上概略を述べたが、まとめると「基本的にデイトレ目線で流動性の高い話題株を手掛け、チャートを重視した戦法で追証リスクが発生しないように資金管理には十分に注意する」という感じになるだろう。僕が過去にブログ記事用に100万円をサブ口座に入金し、1週間程度トレードした際の取引履歴の画像とコメントをnote記事『【改訂版】短期スイング概論~銘柄選定から売買ポイントに至るまで体系的に解説~|Mr.Kabusky|note』に掲載している。興味のある方はご覧になって欲しい。

 

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人。専門は株式投資。テーマに沿って、数人のライターがそれぞれの記事を担当する予定。

-Opinion, 株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.