Opinion 株式投資

株のオフ会について

スポンサーリンク



 

僕はツイッター上で定期的に話題になる株のオフ会には行ったことがない。過去何度かDMで誘いを受けたが、全て断っている。理由は単純で、素性の知らない者同士が大人数で会う事に抵抗があるからだ。少人数ならまだ良い。ただ、その場合もある程度交流を深めてからにしたい。数回コンタクトを取った程度の間柄で仲良くするのは少々難しい気がする。

 

また、会うなら出来れば僕に好意を抱いてくれている人限定が良い。ネット上の僕の発言に憤り、直接会って物理的に痛めつけたいと思っている人と対峙するリスクは極力回避したい。オフ会に参加した日が命日になるのは笑えないからだ。まぁ、僕は一応発言には気を付けているつもりなので暗殺リスクは低いと思うが、世の中どんな人間がいるか分かったものではない。やはり、全方位に配慮した発言は難しいので、自分の関知しないところで恨みを買っている可能性は少なからずある。

 

そうは言うものの、実は過去にフォロワーの方と直接お会いしたことはある。地方都市に住む30代女性で、投資の初心者の方であった。僕は気が向いたらDMを開放して、質問に対してなるべく誠実に回答するようにしている。僕のアドバイスが間違っている可能性があるので断定的な表現は避けているが、たまに発揮するボランティア精神で密かに徳を積んでいるという訳だ。

 

その女性とお会いしたのは相手が素性を明かしてくれたからである。卵アイコンでも猫アイコンでもアニメアイコンでもない。その人の顔写真がプロフィール画像に選定されていた点も一定の安心感を与えてくれた。その女性とは東京駅前のカフェで話をした。内容は株のオフ会に参加した際、キモいおっさんにストーカーされたとか、DMでネット上の有名な個人投資家に求愛されたとか、そういう類いの話である。特にキモいおっさんの鉄壁のディフェンスには相当参ったそうである。

 

固有名詞は避けるが、後者の人物については今でもツイッター上で情報発信をしている。僕は出来るだけ関わりたくないので相互フォローだったが即座にブロ解した。見えない敵と闘っている奇妙な人物だったが、もしかしたら精神的疾患を抱えているのかもしれない。いずれにせよ、株クラで交流を深める人物の選定には慎重であるべきだという認識を再確認したオフ会であった。今後、オフ会に参加する可能性は消費税よりは高いと思うが、重すぎる腰を持ち上げるにはもう少し前向きな情報が欲しいところである。

 

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

『Kabusky BLOG』の管理人。専門は株式投資。テーマに沿って、数人のライターがそれぞれの記事を担当する予定。

-Opinion, 株式投資

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.