個人投資家。株式投資 etc.

Kabusky BLOG

Opinion

時短筋トレで脂肪燃焼しやすい身体にするなら、【ステッパー】がオススメな理由

2019年8月6日

今回は、ステッパーが脂肪燃焼しやすい身体づくりにオススメな理由について説明します。実際に、私がステッパーを使ってみた感想と、ステッパーを使うことで得られるメリットについて語りたいと思います。まず、結論から言うと、ステッパーを使う主なメリットは以下の項目になります。

  • 下半身を負担なく鍛えることができる
  • 血流が良くなることで頭の回転も速くなる
  • スキマ時間で筋トレできるので長続きする

では、それぞれについて順に説明していきます。


 

下半身を負担なく鍛えることができる

まず、脂肪燃焼しやすい身体を作る上で大事なポイントは下半身の筋肉を十分に鍛えることです。

その理由を一言で言うと、以下の通りになります。

基礎代謝量は筋肉量に比例し、人間の身体の筋肉の60%は下半身に集中しているから。

人間の身体の筋肉の60%ほどは下半身に集中しています。脂肪燃焼は運動などによって消費されるカロリーよりも、活動していない時間(睡眠時間など)に消費されるカロリーの方が多いと言われます。

活動していない時間の消費カロリーは基礎代謝量をアップさせることがキーポイントになります。そして、基礎代謝量は筋肉量に比例します。

したがって、身体全体の筋肉の60%ほどを占める下半身を鍛えることで効果的に脂肪燃焼しやすい身体になるという訳です。

一般的に、下半身の筋肉を鍛えるにはスクワットなどの種目をこなすことが効果的だと言われます。ただ、スクワットは腰に負担が掛かる上に、本格的にトレーニングするのならスポーツジムに通わないといけないのが難点です。時間的な余裕があればそちらをオススメしますが、現実的に厳しいという方も居るでしょう。その点、ステッパーを使えば腰に負担を掛けずして効率的に下半身の筋肉を鍛えることができます。

実際に、私はステッパーを日常生活の中で使用していますが、予想以上に下半身の筋肉が鍛えられます。特に太ももやふくらはぎの筋肉を程よく刺激します。私はスポーツジムにも通っていますが、スクワットなどの種目は筋肉の大きな部位が鍛えられますが、ステッパーではスクワット以上に細かい筋肉を鍛えてくれるように感じます。

あくまで個人的な感想ですが、ステッパーを踏む時の動作が階段を昇降するような動きに似ているので、筋肉が自然な付き方をするのだと思います。ステッパーでは踏板の角度を調整できるので、負荷も自由に設定できる点もメリットの一つだと言えます。

血流が良くなることで頭の回転も速くなる

元々、私がステッパーを使うようになったキッカケはメンタリストのDaiGoさんの影響もあります。彼が運営するニコニコ動画のチャンネルでステッパーを使用するメリットについて語られていました。彼はスタンディングデスクとステッパーをセットにして色々と作業をしているそうです。彼曰く、立って作業をすることで血流が良くなり、脳への酸素の供給量が増加する結果、頭の回転も速くなり、作業効率がアップするそうです。

確かに、高名な数学者や哲学者などが散歩をしながら思索にふけっていたエピソードは良く耳にします。私も実際にスタンディングデスクで作業していますが、座る時よりも睡魔に襲われる回数は少なく、思考がクリアになることを実感しています。

ちなみに、DaiGoさんによると、ある科学論文では座って作業すると寿命が縮まるというデータもあるそうです。また、座って長時間に渡りデスクに向かっていると、仮に筋トレをしていてもその効果が1時間あたり8%も無効化してしまうそうです。確かに、長時間座って作業をしていると、下半身の血流が悪くなり、全身が気だるくなります。適度にストレッチをしないと不健康になってしまう理由も分かります。

スキマ時間で筋トレできるので長続きする

ステッパーを使う最大のメリットは長続きするという点にあると言っても過言ではないでしょう。実際、スポーツジムで重いバーを背負ってスクワットをするのは高いモチベーションと少しの気合いを必要とします。下半身を鍛えるメニューは全般的に肉体的にキツイ種目が多いです。その点、ステッパーは時間と場所を取らずに、適切な負荷で効率的な筋トレを可能にします。また、「ながら作業」で筋トレをすることができるので、あまり気負うことなく筋トレに臨める点も大きなメリットと言えます。

ちなみに、私はDaiGoさんと同型のステッパーを使用していますが、長時間の使用に耐え、踏む際の金属音も静かなので非常にオススメです。1976年のモントリオール五輪の選手強化用に開発されたステッパーであり、本格タイプのものであると言えます。値段は少々高額ですが、長期間の使用に耐えることを考慮すれば決して無駄な投資ではないでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mr.Kabusky

Mr.Kabusky

個人投資家。株式投資が専門。本来は、テクニカル分析を軸に、短期スイングをメイン手法にしている。しかし、現在は中長期投資にシフト中。

-Opinion

Copyright© Kabusky BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.