ブログランキング

オピニオン

陰キャオタク的な風貌のままで出会いの場に行くのは完全に悪手【とある話を聞いた感想】

マッチングアプリで鬼加工により別人級に変身した女性(意味深)と出会い、付き合ったが相手はLINEの返信は超絶遅い / 会う約束をしたがドタキャンされてしまう、などの色々と察する言動をされ、最終的に極めて短期間で関係を終了したアラサー男性の話を知人から聞きました。

 

「いやいや、付き合ってねーだろ」的なツッコミを心の中でしつつ、その男性に対してアドバイスを求められたのでしました。端的に言うと

 

見た目を劇的に変えろ

 

の一言です。その男性はパッと見モテなさそうな風貌で身体はまな板。要するに、男性的魅力に欠けるような見た目だということ。

 

非モテ男性特有のあるあるマインドで、「見た目より中身で勝負」論がありますが、愚策にも程がありまくります。見た目審査の第一段階で弾かれたらそこで試合終了。次の審査に移行することは未来永劫訪れません。

 

「いや、見た目が微妙でも付き合えてる男はいるぞ」という反論が聞こえてきそうですが、そりゃ探せばいます。ただ、そういう場合でも最低限の清潔感だけはあります。仮に清潔感もない場合、大抵は女性も「ん?」みたいな感じです。妥協できるポイントを増やせば相手は見つかります。でも、非モテ男性ほど妥協できない人が多いのも事実。

 

あと、「中身で勝負」を声高に叫ぶ奴ほど中身も微妙ってのはよくある話。「優しさで勝負」と言う奴の「優しさ」は大抵「いや、そうじゃねんだよなぁ」となる場合が多いし、客観的に見ても別に「優しい人間」ではありません。ツッコミにトゲがあったり、デリカシーがなかったり、リアクションの仕方が妙に鼻についたり、など「優しさ」以前の減点ポイントが多い。そして、本人は全く気付いていない様子。

 

この原因は判明しています。簡単に言うと彼らの友達に「(良い意味で)イケてる奴」がいないから。イケてる奴が周りにいると自然と感化され、言動も修正されていきます。もちろん、悪い意味で影響を受ける場合もあるので、ここでは「(良い意味で)イケてる奴」に限定します。

 

非モテ臭を消し去る為には、美意識や適切なコミュ力を兼ね備えた人たちと仲間 / 友人になるのが一番の近道。そうする為にはまずは陰キャオタク的な風貌からの脱却を図り、そうした人たちが居そうなコミュニティに積極的に参加すること。同性であっても、「ダサい奴」「失礼な奴」「馴れ馴れしい奴」は排除される可能性が高いので、同性間であっても見た目の改善はマストです。

 

冒頭のように陰キャオタク的な風貌のままで出会いの場に行っても明らかに時間の無駄。無勉強で試験会場に行くようなもので、まずは己の実力を高めることが先決でしょう。細かな戦略はそれから考えるべき。

 

なので、まずは見た目の劇的な改善を図ること。イケてる同性のコミュニティに入ることは現実的に難しい場合も多いでしょうから、ここは省いても構いません。ただ、そうなると無意識のうちに女性に対して失礼な言動を取っても気付かない可能性が高い。そうなるリスクを抑える為には「非モテ仕草改善のプロ」的な人に頼るのも良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 


ブログランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-オピニオン

Copyright© Kabusky BLOG , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.