書籍紹介

書籍『法律の抜け穴全集』の紹介

スポンサーリンク   今回紹介する本は『法律の抜け穴全集』。   本屋に立ち寄った際に何気なく手に取った本ですが、内容が想像以上に面白くて購入しました。   この本の目次は以下のようになっています。   目次 巻頭グラフ①妻は亡父の家に死ぬまで住める-配偶者居住権による保護 巻頭グラフ②ドタキャン客の好きにさせるな!-ドタキャントラブルの解決法 巻頭グラフ③現代詐欺・悪質商法の手口と対処法 実例に見る最近の抜け穴と急所 インターネット・モバイルの抜け穴と急所 金銭貸 ...

ReadMore

映画

映画『メッセージ』(2016)~球体型の宇宙船で地球に飛来した知的生命体との意思疎通を試みる女性言語学者の物語~の感想

スポンサーリンク   今回ピックアップする作品は『メッセージ』(2016)。   本作は米国作家テッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』を映画化したSFドラマであり、第89回アカデミー賞の8部門にノミネート(受賞は音響編集賞)された作品です。   ちなみに、主人公のエイミー・アダムスは映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』でディカプリオの恋人役を務めた女優です。   では、早速あらすじから。   原作   あらすじ 巨大な球体型宇宙船が ...

ReadMore

映画

映画『舟を編む』(2013)~営業部で変人扱いされている真面目人間が辞書編集部に配属、仲間と共に長年の歳月を経て新辞書を作り上げる物語~の感想

スポンサーリンク   今回ピックアップする作品は『舟を編む』(2013)。   本作は第68回毎日映画コンクールで最高賞にあたる日本映画大賞をはじめ、監督賞(石井裕也監督)・男優主演賞(松田龍平)・美術賞(原田満生)の最多4部門を受賞しました。   では早速あらすじから。   あらすじ 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現 ...

ReadMore

株式投資

適度に相場と距離を置くことで、正常な判断力を保てるという話

スポンサーリンク   ツイッターを眺めていると、投資をすること自体が目的化しており、常に相場に張り付いては日々の値動きに一喜一憂している人を見かけます。   彼らは様々な銘柄を広く浅く観察し、「儲かりそうだ」と思ったら光速並みの速さで飛びついているようです。   こうした光景は過去何度も見てきたので今さら驚くことはありませんが、傍から見ていると精神的に疲弊するのではないかなと心配になります。   これが専業であれば仕事の一環なので毎日参戦することに異論はないのですが ...

ReadMore

映画

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』(2014)~受験に失敗し進路未定の若者が1年間の林業研修にノリで参加し、過酷な修行に耐える中で徐々に人間的に成長していく物語~の感想

スポンサーリンク   今回ピックアップする作品は『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』(2014)。   僕自身、ヒューマンドラマ的要素の邦画が好きであり、よく観ます。   本作は「林業」という少し変わったテーマですが、肩の力を抜いて観られる一方、視聴後に心温まるような気持ちになれる不思議な作品です。   では早速あらすじから。   あらすじ 大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修 ...

ReadMore

映画

映画『ラスト サムライ』(2003)~明治維新後の日本を舞台に新政府側と敵対する士族とお雇い外国人役のトム・クルーズが交流、共鳴して新政府軍との戦いに挑む物語~の感想

スポンサーリンク   今回、ピックアップする作品は『ラスト サムライ』(2003)。   渡辺謙、真田広之がハリウッドに進出する契機となった作品で、明治維新後の日本を舞台にした物語(撮影地は日本、ニュージーランドなど)です。   では、早速あらすじから。   あらすじ 南北戦争で英雄になったネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は、戦争が終わってからは銃のデモンストレーションをして生計をたてていた。ある日、日本の政府が西洋の戦術を教えるためにオールグレンを雇い ...

ReadMore

映画

映画『コラテラル・ダメージ』(2001)~妻子をテロで亡くした消防士が単身敵陣に乗り込み、でたらめな戦闘能力を発揮しテロリストと対峙する物語~の感想

スポンサーリンク   今回、ピックアップする作品は『コラテラル・ダメージ』(2001)。   シュワちゃん主演のアクション映画では、常人離れした肉体と身体能力を駆使して敵と対峙する様子が描かれます。   本作も「いつも通りのシュワちゃん」といった感じです。では、早速あらすじから。   あらすじ ベテラン消防士のゴードン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、コロンビアのテロ組織「ウルフ」による爆破事件で妻子をなくす。偶然、現場に居合わせた彼は犯人を目撃するが、外交を ...

ReadMore

映画

映画『マイ・プレシャス・リスト 』(2016)~IQ185でコミュ力ゼロの天才少女が幸せを求めて課題リストを一つずつこなし、成長する青春物語~の感想

スポンサーリンク   今回、ピックアップする作品は『マイ・プレシャス・リスト』(2016)。   何気なく目についた作品で、特に明確な目的を持って観たわけではありません。   では、早速あらすじから。   あらすじ ニューヨーク、マンハッタン。IQ185を誇り、ハーバード大学を飛び級で卒業したキャリー(ベル・パウリー)は、仕事に就かず、友人も作らず、ただただ本を読んでばかりの毎日を過ごしていた。ある日、唯一の話し相手であるセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)から ...

ReadMore

映画

日本のサスペンス映画を簡単に紹介【vol.1】

スポンサーリンク   今回は日本のサスペンス映画を簡単に紹介したいと思います。扱う年代・ジャンルはランダム。   それでは早速行きましょう。   ▶定額制サークル「映画・本好きがライトに語り合う社交場」に参加したい方はこちら     U-NEXTなら31日間無料   prime videoなら30日間無料   孤狼の血(2018) あらすじ 昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子 ...

ReadMore

Entertainment

定額制のサークルを開始

スポンサーリンク   noteにて『テーマ別に自由談義したい人たちが集う社交場』というサークルを始めました。   現時点でプランは二つ。一つは「映画・本好きが集う社交場」、もう一つは「勉強談義」(申請中)です。   「映画・本好きが集う社交場」 ここを映画・本について自由に語り合う場にしたいと思っています。好きな映画や本を紹介したり、感想を言い合ったり。基本的には緩い感じで運営していくつもりです。   類似のサークル(読書系サークル)を見たのですが、プロの編集者の方 ...

ReadMore

Copyright© Kabusky BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.